ニュースリリース

「2画面型遠隔授業システム」構築
─ 2画面同時システムにより、
お互いの顔を見ながら双方で同じ資料を閲覧 ─

  当社は、このたび複数の大学や予備校等の教育現場で臨場感を確保しながら、リアルタイムでより充実したコミュニケーションを実現する「2画面型遠隔授業システム」を構築いたしました。
  その第一弾として、(株)東畑建築事務所殿の設計・監理、大林組殿の指導のもと、大阪商業大学と大阪女子短期大学、神戸芸術工科大学に3大学をつなぐ遠隔授業システムを導入しました。
  今までの遠隔授業システムは1画面での映像のやり取りが主流で、資料を使った授業を行う場合、操作が複雑になったり、説明中は講師の表情が分らない等の問題がありました。当システムでは2画面を同時に投影することができ、通常の講義に近い臨場感を得ることができます。
  また、ISDN回線を利用するため衛星を使う一般的な遠隔講義システムなどに比べ大幅に安く導入することができます。

    当システムの特長は下記の通りです。
  • 簡単操作
    • 簡単なボタン操作だけなので、講師一人での操作可能。
  • 2画面同時投影
    • 講師映像と資料映像の同時投影が可能です。
    • 資料として、パソコンと書画カメラが利用可能。
    • 準動画として送信できるので、事前登録等は一切不要。
  • 双方向の音声システム
    • 講義を一方的に視聴講するのではなく、受講会場からも質疑・発言可能。
  • 安価な通信コスト
    • 一般的な電話回線(ISDN)で映像を伝達。
  • AVルームとしても利用可能
    • プロジェクター等のAV機器は通常の授業にも活用可能。

システム系統

  今後は、今回開発した「2画面型遠隔授業システム」を、大学・予備校等の教育機関のみでなくオフィスの本支店間、病院・福祉施設におけるコミュニケーションツールとして顧客に提案し、システム構築から施工、メンテナンスまで対応していく予定です。


<本件に関する問い合わせ先>
情報通信統括部
TEL:06-6537-3770