ニュースリリース

全社IP電話導入を機に、事業を新規展開

  当社は、9月の東京新本社ビル(東京都港区三田)移転を機に、全社規模の本格的なIP電話システム構築に着手し、その一部運用を始めました。今回構築するシステムは、IPセントレックス方式(※1)をベースとした、現時点では他に例を見ない独自方式で、この導入実績を生かしたIP電話システム事業の積極展開を図る予定です。

  当社では、IP電話システム事業の展開を目標に、昨年4月に開発プロジェクトチームを発足させ、IPセントレックス方式を中心とした、企業向けIP電話システムの構築方法の開発を進めてきました。今回の導入にあたっては、新しいIP電話システムとして、設計・導入から運用・保守までをすべて自社内で完結させるため、通常キャリア側に設置する交換機サーバを、自社内に設置するIPセントレックス自営方式を採用しました。今後は当社での導入実績を踏まえ、お客様に適合したIP電話システムを機器本体だけでなく、関連するLAN・WANの設計、LAN工事、端末・サーバ設置および保守にいたるまで一括して提案受注する体制を整え、積極的な事業展開を図る予定で、2004年度10億円の売上を目指します。

  IP電話システムの構成は、テレフォニーサーバとして、NEC SV7000・SIPサーバ(同社出荷第1号機)を、東京本社、大阪本社の2拠点に配置の上、それぞれ約1000台規模のIP電話機を制御するというものです。全拠点間は、光ファイバ網を利用したインターネットVPNをメッシュ状に構築し、ネットワークの耐障害性を向上させました。また、既存データ系通信網との統合も独自の手法により構築、遅延の少ない高品位な音声通信を実現しました。

【IP電話システム構成概要図】
IP電話システム構成概要図

  本システムの導入により、東阪の公専接続による外線通話の費用節減を実現し、10月下旬には公衆IP電話の運用(※2)も開始、全国一律3分8円の外線発信と、全拠点間の内線通話化で、更なる通信費用削減を見込んでいます(携帯、国際への通話料金も単位時間あたり1/3程度になるため、年間約30%減)。また、導入にあたっては、NECマグナスコミュニケーションズ株式会社をパートナーとして構築に取り組み、2004年3月を目処に全国支店へと段階的に導入する予定です。


  ※1 企業向けに提供される新しい電話サービスのことで、従来企業内に設置していたPBX(電話交換機)を撤去し、通信サービス提供会社の電話交換機サーバを用いることにより、PBXの管理コスト、運用コスト、通信回線費用などを削減する方式を言う。
  ※2 公衆IP電話網の接続については、(株)CRCソリューションズのインターネットデータセンター経由でフュージョン・コミュニケーションズ(株)の公衆IP電話網に接続。



<本件に関する問い合わせ先>
<東京>情報通信システム事業部 東部営業部 プロジェクト営業グループ 吉岡 慎一
      TEL:03-3454-7492
      E-mail:yoshioka.shinichi@sem.co.jp

<大阪>情報通信システム事業部 西部営業部 営業技術グループ 渡辺 昌昭
      TEL:06-6537-3774
      E-mail:watanabe.masaaki@sem.co.jp