ニュースリリース

2013年度技術研究発表会を開催

 11月7日、大阪本社、東京本社、中部支社、北海道支店、東北支店、広島支店及び九州支店をテレビ会議システムで接続し、「2013年度技術研究発表会」を開催いたしました。
 今年は全社から44件の応募があり、審査の結果、当日は優賞4件、良賞2件の合計6件の発表がありました。
技術研究発表会 技術研究発表会

 発表された論文は以下の通りです。
(優賞)
大規模メガソーラー発電所建設における受変電設備の実施設計について
岩本 弘行 (環境ソリューション事業部 太陽光プロジェクトチーム)
(優賞)
某電算センターにおける空調機器電源更新工事の施工事例
榎本 康宏 (西部本部 大阪支社)
(優賞)
日系某社インドネシア第3工場新築工事における安全・品質向上活動
伊藤   巧 (タイヨーシナールラヤテクニク)
(優賞)
Kuバンドレーダー観測支援について
斎藤 浩二 (通信システム事業部 事業企画部)
(良賞)
積算システム「ESCA」モニター画面拾い出し機能の開発
松山 陽一 (西部本部 設計積算部)
(良賞)
ケーブルラック耐震プログラムの作成と施工事例
大谷 崇信 (東部本部 北関東支店)

<本件に関する問い合わせ先>
技術部 奥田 良章
E-mail:okuda.yoshiaki@sem.co.jp