ニュースリリース

2007年度技術研究発表会を開催

 11月7日、大阪本社と東京本社及び中部支社をテレビ会議システムで接続し、「2007年度技術研究発表会」を開催いたしました。
 今年は全社から44件の応募があり、審査の結果、当日は秀賞1件、優賞5件の合計6件の発表がありました。
技術研究発表会 技術研究発表会
 発表された論文は以下の通りです。
(秀 賞)
NMR直流電源調整用ダミロードの開発
竹下 晃治 (電力事業部 変電部)
(優 賞)
高速PLCによるホテル向けVODシステムの構築
池田 晃 (情報通信システム事業部 東部第二情報ネットワークグループ)
(優 賞)
某工場における電力量監視システムの構築
山田 裕之 (技術本部 技術部)
(優 賞)
電算センターにおけるUPS設備更新工事(無停電による更新施工事例)
松井 幸雄 (東部本部 東京支社)
(優 賞)
管路部への長尺布設工法の適用
小谷 孝之 (電力事業部 地中線部)
(優 賞)
関西国際空港2期滑走路工事における新工法の施工技術について
上村 昭一 (西部本部 阪和支店)

<本件に関する問い合わせ先>
技術本部 技術部 鹿野 秀一
E-mail:shikano.shuuichi@sem.co.jp