ニュースリリース

ツバル国太陽光発電設備を施工

 当社は、ツバル国フナフティ太陽光発電設備(40kW)建設において太陽光発電設備のシステム設計、資材調達から輸送、現地建設工事までの全てを一括受注し、このたび完工いたしました。

ツバル国太陽光発電  当工事は、先進国の電力会社9社で構成されるNGO「e8」(※)の途上国支援プロジェクトとして、e8メンバー会社の関西電力(株)がリーダー会社として設置するもので、昨年9月に着工し、本年1月設備建設を終え、試験運転を開始しました。
 系統電力を得にくい島嶼国においては太陽光発電が適しているとされていますが、当地は日射・紫外線量・気温等の環境条件等極めて過酷な場所であるため、最適なモジュール選択、設備構築、保守の方法に関する知見も期待できます。当社は今後2年間、性能や耐久性についてのモニタリングも担当、実施する予定です。

 ツバル国は、南太平洋の小さな島で地球温暖化による海面上昇が続けば、「世界で最初に沈む国」といわれており、環境問題の発信拠点として世界中から注目を集めています。

(※) 世界電力首脳有志の会議。現在イギリスを除くG8加盟国の電力会社(7カ国9社)で構成。
日本では、関西電力(株)、東京電力(株)が参画。


<本件に関する問い合わせ先>
新エネルギーシステム部
TEL:06−6537−3820