ニュースリリース

大阪地下街の電波遮へい対策事業の再送信設備を施工

 当社は、大阪地下街(ホワイティうめだ、なんばウォーク)における 地上デジタル放送(ワンセグ)、AM(中波)・FMラジオ(※)を受信可能にする電波遮へい対策事業の再送信設備工事を施工いたしました。

 この事業は、人工的に設置された地下空間(地下街等)により放送が受信できない地域のうち、特に公共性の高い箇所について、災害時の多様な情報取得手段の一つとして、地上デジタル放送の携帯端末向けワンセグと災害時に強いメディアであるAM・FMラジオを受信できるようにするもので、本年3月末に完成、3月31日より供用開始の運びとなりました。
 本設備は、総務省による「地下街等における電波遮へい対策事業」の補助金交付対象事業となっており、社団法人デジタルラジオ推進協会が事業主体となり在阪の各放送局と大阪地下街株式会社で結成する大阪地下街遮へい対策事業協議会により進められました。
 昨年より供用を開始している東京の「八重洲地下街」と神奈川県川崎市の「川崎地下街・アゼリア」に続き、今回の大阪地下街は西日本では初めてとなります。

なんばウォーク 再送信アンテナ
地下街通路天井に設置されたデジタルテレビ・FM用再送信アンテナ


 ホワイティうめだでは隣接する民間ビル屋上にアンテナを設置し、地下街構内に送受信装置などを構築、地下街通路天井部に地上デジタル放送、FMラジオ用アンテナを22カ所に設置して、中波ラジオ用アンテナは通路天井内に誘導線を敷設し、電波を再送信します。一方、なんばウォークの受信アンテナは隣接するなんばウォークビル屋上に設置し、地上デジタル放送、FMラジオ用アンテナはうめだと同じ22カ所、中波ラジオも同様に誘導線を敷設し再送信します。
 工事は今年1月上旬から実施設計や現地調査を行い、その後配管配線作業に移り、3月中旬にアンテナなどの設備を設置してきました。ホワイティうめだは1日約60万人、なんばウォークは1日約20万人が利用する巨大地下街のため、工事は地下道を閉鎖した深夜のみで行いました。

 今後、全国の地下街で同様の対策事業が推進されることも期待できるため、今回の実績を活かし受注拡大を目指しています。

(※) 地上デジタル放送・・・NHK総合、NHK教育、毎日放送、朝日放送、関西テレビ、読売テレビ、テレビ大阪
中波ラジオ・・・NHK第1、第2、毎日放送、朝日放送、ラジオ大阪(大阪放送)
FMラジオ・・・NHK、FM大阪、FM802、FM COCOLO(関西インターメディア)


<本件に関する問い合わせ先>
通信システム事業部
TEL:06−3537−3620