ニュースリリース

社長年頭挨拶(社員向け挨拶要旨)

社長 菅沼 敬行

  事業環境は厳しい状況が続き、特に建設業界では、民間企業の設備投資に回復の兆しは見られず、景気の波の遅れも影響し、収益面では今年がまさに嵐の真っ只中となることが予想されます。
  このような環境の中、規模に応じた健全な企業体質を構築していくために、「量入為出(入りを量りて出ずるを為す)」ならびに「忘戦即人殆(戦いを忘るれば即ち人殆し)」の経営姿勢をさらに追求し、嵐の中でも利益の生み出せる、質の高い事業活動を展開していきたいと思います。

  そこで本年は、以下の3つの課題に取り組むことを要望します。

(1)安全・品質活動およびコンプライアンスの強化
  安全・品質活動に関しては、「無事故・無災害・クレームゼロ」という、究極の目標達成に向けて、なお一層の努力をお願いしたい。コンプライアンス活動に関しては、単に法令遵守の活動と捉えず、企業存続の基となることを再認識し、各職場にて意識を高めるべく取り組んでいただきたい。

(2)受注競争力の強化
  工事量が減少し、過当競争が一層熾烈化する中でも、健全な受注を確保するために、見積原価の引き下げ、および資材購入コストの引き下げに全部門一丸となって取り組み、厳しい受注獲得競争に勝ち抜いていだたきたい。

(3)売上高減少の中での健全経営体質
  健全な企業体質を構築するため、これまでの現場力の強化、経費削減、財務改革の3つの体質強化活動を更に追求していただきたい。特に経費削減に関しては、規模に応じた人員の適正配置を基本に、生産性、効率性の向上に取り組んでいただきたい。
以上