Interview 09

合言葉は「段取り八分」。 事前の綿密な計画で、 効率的な施工管理を実現。

野上 真之助Nogami Shinnosuke
入社年度
2010年度
部門
東部本部 東京支社
第一工事部 第一工事課
勤務地
東京

01question

現在のお仕事内容を教えてください。

オフィスビルなどの電気工事における施工管理です。決められた工事期間・予算のなかで工事を完了させるために、図面の作成・材料の発注・施工方法の検討・予算管理・安全管理などを行っています。実際の工事では、作業員の方々に現場で作業を行ってもらうための準備や指示、作業後のチェックなども行います。また、客先からのご要望に応じてさまざまな提案を行ったり、メーカー・下請け工事業者との打ち合わせを通して現場の不具合を解消したりと、幅広い人たちとのコミュニケーションを心がけています。

02question

職場の雰囲気はいかがですか?

入社前は、「施工管理」という仕事は一日中現場を走り回っているイメージでしたが、実際はCADで施工図を描くなど現場事務所で仕事する時間が長いです。現場で作業を行う作業員の方々が作業しやすいよう、しっかりと図面や資料を作成しておくと「ここはどうすればいいですか?」といった呼び出しが少なくなるんです。そうするとさらに事務作業に集中できて、さらにしっかり図面や資料を作成できる。「段取り八分」という言葉がありますが、まさにその通りだと思います。また、建設現場なので荒っぽいイメージを持たれるかもしれませんが、工事において精密さが求められることもあって、皆さんとても丁寧です。経験豊富な方が多く、説明し切る前にわかってくださることが多いのですが、それに甘えず細かい情報共有を怠らないようにしていきたいと思っています。

03question

最もやりがいを感じるのは、
どういったときですか?

今年3月に初めて現場責任者を任された物件を無事竣工させることができました。終盤にかけてどんどん仕事量が増えていくので大変でしたが、それでもやり遂げられたのは、諸先輩方のバックアップ体制のおかげだと思います。その後、同じ客先のもと、同じシリーズの物件を任せていただけています。前回の仕事が評価されてのことだと思うので、とてもうれしいですね。

04question

今後の目標・展望について
お聞かせください。

新築物件を責任者として担当したのは、まだオフィスビルだけですので、病院やデータセンターなどの案件も経験できればと考えています。多種多様な建物、さまざまな規模の物件に挑戦していきたいです。また、自分も先輩方からいろいろ教わってきたように、後輩にアドバイスや教育を積極的に行っていけたらと感じています。いずれは頼れる先輩社員に、そして上司になっていきたいですね。

Flow 一日の仕事の流れ

07:00
08:00
朝礼
建設現場では8:00に朝礼がはじまります。
作業員に今日一日の作業内容、現場内の注意事項を展開します。
09:00
現場巡回
現場の状況を確認。作業員ともコミュニケーションをとり、現場の進捗状況や問題点を抽出します。
10:00
図面・資料作成
事務所に戻り、図面および資料の作成。また材料の発注なども行います。
11:00
現場打ち合わせ
午後からの変更事項や、明日の現場の流れを打ち合わせます。
12:00
昼休み
13:00
昼礼
現場打ち合わせの内容を作業員に展開。午後からの作業を再度確認します。
14:00
会議
客先との会議で現場進捗の確認や、工事内容の変更・決定事項を話し合います。
15:00
16:00
現場巡回
作業員の終業前に、現場にて今日の出来高を確認します。
また、作業員と明日の工事内容を打ち合わせます。
17:00
準備
明日の作業内容を確認し、必要な図面や材料の確認を行います。
18:00
退社
明日のスケジュールを確認して退社。
19:00
20:00
夕食
家に帰って家族と夕食を食べます。
21:00
趣味の時間
お気に入りのアロマを焚きながら、趣味の読書に耽ります。
22:00
入浴
お風呂に入って一日の疲れを癒やします。
23:00
24:00

Message 入社希望者にメッセージ

「会社員」というと毎日会社でパソコンに向かっているイメージがあるかもしれませんが、施工管理という仕事では会社を離れ、現場ごとに事務所を構えて仕事をしています。個人的には、自分のペースで仕事できるのがいいですね。また、若くして責任のある仕事を任せてもらえるので、仕事へのやりがいや達成感を得られるのも大きな魅力です。

Scroll Top