Interview 13

経理を越えた視点で 「ビジネス」をサポート できる存在を目指して。

元野 雄一Motono Yuichi
入社年度
2013年度
部門
経理部
勤務地
東京

01question

現在のお仕事内容を教えてください。

工事に係る支払いや社員の経費精算伝票のチェックなど、経理業務全般について担当しています。また、海外企業を含む関係会社の決算業務についての支援も行っています。大半の関係会社では、事務担当者が少なく、経理業務以外にも人事や総務の業務を兼任しているため、新しい税制への対応など細かくサポートしています。

02question

職場の雰囲気はいかがですか?

「住友」グループのイメージ通り、落ち着いた雰囲気だと思います。特に経理部は、他部署のように工事現場に勤務する社員や取引先の方々と直接話す機会がないので、なおさらかもしれませんね。ただ、社内では普段からコミュニケーションをとっているので、その連帯感は強いと思います。

03question

最もやりがいを感じるのは、
どういったときですか?

数字の整合性を確認することが、経理部の主な仕事です。決算の数字はひとつだけですが、その数字を計算する方法は複数あり、一度出した数字が別の計算方法でも一発でピタリと一致したときは、なんとも言えない達成感があります。また、関係会社の決算をサポートする際には、できるだけ関係会社の担当者の方の目線に立って考えるように心がけています。たとえば他に効率のいい方法があったとしても、その方が苦手なやり方を強要してしまわないように注意が必要です。できるだけ負担を減らす手助けができたらと思っているので、相手が納得いく方法で役に立てたときはうれしいですね。

04question

今後の目標・展望について
お聞かせください。

住友電設の事業は工事現場を中心として進行しますが、経理のルール上、現場の要望に応えられないこともあります。ただ、現場の考え方をわかっていれば、別の提案をしたりすることもできると思います。新人の頃に指導してくださった先輩がそのような現場の視点を持った方で、現在は事業部の業務担当として活躍されています。自分もその先輩のように、経理で培った知識を活かして、いずれ経理部以外の部署でも仕事ができたらと考えています。そしてゆくゆくは、会社全体を見渡せるような人材になりたいです。

Flow 一日の仕事の流れ

07:00
08:00
出社
メールチェックと前日作成したToDoリストの確認。
09:00
朝礼
一週間の予定を部内で共有。その後、会議の準備。
10:00
会議
関係会社と月例の経理会議。財務諸表で月次決算の確認。課題の共有。
11:00
議事録作成
記憶が新鮮なうちに議事録作成。
会議資料にない些細な応答でも、重要だと感じたら後々のために書きとめる。
12:00
昼食
13:00
伝票チェック
北海道から関東までの支店から集まる伝票を細かくチェック。
数円、数百円といえど、会社の決算に間違いは許されないのでミスのないように心がける。
14:00
15:00
16:00
決算データの作成
決算時はシステムから抽出したデータをもとに、資料を作成する。また連結決算のために関係会社から集めたデータの検証も行う。決算時以外は過去の決算資料を見返し、無駄がないか、効率化できないか試行錯誤。
17:00
18:00
19:00
退社
20:00
夕食・入浴
21:00
趣味
絵を描いて投稿したり、ゲームをしたり、ネットサーフィンしたり。
早く帰宅できれば野球中継。定時で退社できれば観戦に行くことも。
22:00
23:00
24:00
就寝

Message 入社希望者にメッセージ

住友電設は、堅実で安定感のある会社です。自分もそうなのですが、これから入社される方も、そうした安定感を支えていける存在になってほしいですね。私も両親に口酸っぱく言われたことですが、大切なのは「はきはきと挨拶をすること」。人付き合いの基本を備え、いろんな方面に気遣いができる人こそ、安定感を支えていける人材だと思います。

Scroll Top