通信 Communication

技術革新の影響を強く受ける通信サービスは、日々激しい速度で進化しており、今後も大きな変革が生じる可能性もあり、さらなる高度技術が求められています。住友電設は、情報通信のデジタル化の推進、ユビキタスネットワークの構築に深く関わっています。
 また、CATV、移動体通信基地局、光通信システムをはじめとする各種情報通信設備のトータルエンジニアリングをグローバルに展開し、21世紀のICT国家を支える豊かな情報環境を構築していく、業界のリーディングカンパニーとして社会に貢献してまいります。

移動体通信

移動体通信用基地局の置局調査・選定から設計・施工・運用開始に至るまで、基地局の設置工事に関する全ての業務を長年にわたる実績と信用で一貫提供しています。
CDMA方式では、動画配信等も行われ、加入者も第2世代から第3世代へとシフトしつつあり、さらにワンセグ放送の開始や、無線通信技術との連携など今後もさらなる高速性を追求した開発がされています。
住友電設は、これらの最新技術に対応した技術を習得するとともに努力を積み重ね、一歩先行くサービスを追及しています。

無線鉄塔

あらゆる無線通信、鉄塔のコンサルティングから建設までを一貫提供するほか、劣化度・耐震調査を行い、鉄塔補強・改修等のアフターケアに至るまで幅広く携わっており、現在までに400基以上の施工実績があります。
厳しい地形や自然環境化においても、入念な調査、設計により安全で高品質な建設工事で、業界トップクラスのシェアを誇り、豊富な実績と卓越した施工技術で鉄塔建設工事を提供致します。

放送アンテナ施工

住友電設は、住友電気工業放送グループの一員として、日本放送協会および民間放送の基幹局や中継局の現地施工とメンテナンスを一貫して担当しており、高い信頼を得ています。また、東南アジアを始め、アフリカ、中近東、中南米と世界20カ国以上の海外施工実績は、世界的にも高く評価されています。
また、地上デジタル放送への移行も始まり、限られた時間内でデジタル放送波用のアンテナを設置する重要な役割も担っております。

CATVシステム

住友電気工業グループ(現ブロードネットマックス)の一員として、都市型CATVの調査・設計・施工・保守を全国規模で展開しております。現在では、CATVのデジタル化やインターネット対応に伴い、CATV施設のアップグレード工事に高度な技術力を発揮し、信頼性の高い施設の構築に貢献しています。
また、光ケーブルを導入したHFC化工事では、住友電設の持つ優れた光ファイバーの知識、技術を提供し、品質の高いネットワークづくりに協力しています。

光システム

住友電設の光技術は、国内でいち早くその技術を蓄積してまいりました。特に、架空送電線や地中送電線に併設される光通信システムの構築をはじめ、第1種通信事業者向けの長距離光通信システムにおいてはシステム設計から光ケーブルの布設、接続、回線品質測定までトータルでサポートします。また、国土交通省他道路、河川管理用光ケーブルについては数多くの布設実績を保有しております。
現在普及しつつあるFTTHの分野においても、その技術を発揮しております。

施工事例