トップメッセージ

質の高いエンジニアリング企業へ更なる飛躍を。取締役社長 坂崎全男

住友電設は、1950年の創立以来、「信用を第一として、お客さまに喜ばれるサービスを提供し、事業の発展を通して社会の繁栄に寄与する」の精神に基づき、事業を展開してまいりました。

総合エンジニアリング企業として、電気工事、情報通信工事をはじめ、電力、空調、プラント等の設備工事全般を国内外において幅広く手がけ、生活に不可欠な社会インフラを支える一翼を担っていることは私たちの誇りであります。

当社グループは、2016年5月、中期経営計画「Vision19」を策定し、「質の高いエンジニアリング企業へ更なる飛躍を!」をテーマに「個人力の向上」「総合力の発揮」を柱とする重点施策に取り組んでおります。
また、「人を大切にする」をモットーに、当社事業を支える全ての人が活き活きと働ける職場環境を実現すべく、女性活躍推進や働き方改革にも取り組んでおります。

今後も、安全・品質の確保とコンプライアンスの徹底を基本に、何事にも誠実に向き合う姿勢を大切に、幅広い技術力を活かし、お客さまに喜んでいただけるサービスを提供することで、存在感のある企業として成長し続けられるよう、努めてまいります。

皆さまには、一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。