経営理念

住友電設グループは、「住友事業精神」「企業理念」に基づき、
顧客をはじめ株主、社会等のステークホルダーの
信頼に応えるべく、事業の発展に取り組んでいます。

住友事業精神

「住友事業精神」とは、住友家初代・住友政友が後生に遺した商いの心得『文殊院旨意書』を基盤とし、その要諦は明治15年(1882年)に制定された住友家法の中で初めて条文化され、明治24年(1891年)に家法の中の「営業ノ要旨」として2箇条に取り纏められました。

第一条
我が住友の営業は、信用を重んじ確実を旨とし、以てその鞏固隆盛を期すべし
第二条
我が住友の営業は、時勢の変遷、理財の得失を計り、弛張興廃することあるべしと雖も、
苟も浮利に趨り、軽進すべからず

※住友合資会社社則(昭和3年制定)より

第一条は
住友の事業は、何よりも信用・信頼を大切にすることを基本にすべきであると謳っています。

第二条は
社会の変化に迅速・的確に対応し利潤を追求すべきであり、既存の事業に安住することなく常に事業の興廃を図るという積極進取の精神が重要と説いています。その一方で、「浮利」、即ち、一時的な目先の利益や道義にもとる不当な利益を追い、軽率、粗略に行動することを厳に戒めています。

住友電設グループ 企業理念

住友電設グループは、社会的使命と責任を認識し、
豊かな社会を支える快適な環境作りを事業目的とし、社会の繁栄に寄与します。
信用と技術を重視し、顧客満足度の高いエンジニアリングサービスを提供します。
高い企業倫理に則り、コンプライアンスに基づいた公正で透明性のある経営を推進します。
創造力豊かな社員を育て、活力と潤いのある企業を目指します。

事業の推進にあたっては、コンプライアンスを経営の基礎に据え、法令の遵守を経営の最重要課題と位置づけております。
コンプライアンスに違反した利益の追求は企業として決して許されるものではなく、利益とコンプライアンスが対立するような場合には、必ずコンプライアンスを優先して事業活動を推進してまいります。