2020.01.06 リリース

社長年頭挨拶(社員向け挨拶要旨)

社長 坂崎 全男
 本年はV19の総仕上げをすると共に、2020年度より始まる新中期経営計画のスタートとなる重要な年でもあります。
 そこで本年は皆さんに次の2点について真摯に取組むことを要望いたします。

(1)安全・品質活動の強化、コンプライアンスの徹底・強化
 安全・品質活動は事業経営の根幹であり、最優先課題です。昨年も「無事故・無災害、品質クレームゼロ、交通事故ゼロの達成」を方針として取組んできましたが、不本意な結果となりました。
 V19の安全・品質活動の総仕上げに向けて緊急総点検の実施、並びにSmile Safety SEM(安全品質強化運動)を展開中です。
当活動を通じ、V19期間に実施してきた安全品質に関する様々な取り組みについて原点に立ち返り、十分に機能していない事項についてはどうしたらよいのか、また更なる発展のために不可欠な安全安心な職場づくり、その基盤となるべき安全文化を構築するために不足しているものは何かを部門トップのリーダーシップのもと、社員全員一丸となって考え、補っていただきたいと思います。
 コンプライアンスに関しては、ルールを無視した行動が経営の根幹を揺るがしかねない事態になることを改めて全社員が再認識し、不正を許さない職場のムードづくりと風通しの良い職場環境づくりを心がけ、コンプライアンスの徹底・強化に取り組んでください。

(2)新しいことへの挑戦、「守り」から「攻め」へ
 昨年の社長講話でV19の目標を達成させた上で、「更なる飛躍」のために新しいことへ挑戦すること、「守り」から「攻め」に意識を変革することについてお話ししました。
 当社を取り巻く環境が目覚ましく変化していくなか、当社グループとしても社会が求めているものは何か、顧客のニーズは何か、常に情報収集と分析に努め、既存の技術の向上や新規事業への参入など、新しいことに果敢に挑戦する姿勢が求められます。また日常業務に関しても、常に改善、効率化を考え「変えていく」姿勢がなければ、厳しい業界で生き残っていくことはできません。
 新しいことに挑戦することは簡単ではありません。しかし、失敗を恐れて挑戦しないことによる機会損失の方が大きいことを認識し、「住友電設らしさ」を維持しつつ、未来の住友電設を見据えて「守り」から「攻め」へと意識を転換してください。

 今年、当社は創立70周年を迎えます。戦後インフラ復興工事を目的として生まれた当社は、その後、数々の試練がありましたが諸先輩方の努力を礎に、大きく発展して現在に至ります。現役である我々は、当社を未来に向けて更に発展させ後輩に引継ぐ責任があります。その為には、当社がお客様に常に選んでいただける会社となるべくSEMブランド力(安全安心・高品質、信頼性・企業価値)を向上させなければなりません。皆さん一人ひとりが会社の顔としての自覚を持ってSEMブランド力の向上に努めてください。
 V19の目標達成、そして新中期経営計画の確かな第一歩を踏み出せるように頑張りましょう!