環境経営

当社は、持続可能な社会の実現に向け「環境基本理念」「環境方針」に基づき、事業活動を行っております。
また、再生可能エネルギーや省エネルギー等の事業活動においても環境保全に貢献してまいります。

環境基本理念(制定 2003年2月)

当社は、環境問題に対する自主的な取組みと、その継続的改善を経営の重要課題の一つとして位置付け、全ての事業活動を通じて、環境への影響に配慮し、その保全に努めることにより、持続的な発展が可能な社会作りに貢献する。

環境方針(制定 2003年2月 改訂 2017年9月)

  • 事業活動、製品及びサービスにおいて、エネルギー資源・紙資源の低減、リサイクル、リユースの推進、廃棄物の発生抑制及び適正処理の推進など、環境負荷の低減により環境保全に努める。
  • 環境保全に関する保有技術を積極的に活用し、さらに有効な技術の開発に努める。
  • 汚染の予防等により自然環境を保護すると共に、環境パフォーマンス向上のために環境マネジメントシステムを構築し、環境目標を設定し、定期的に見直しを行い運用すると共に継続的改善を図る。
  • 環境保全及び環境保護に関する法規制はもとより、当社が同意したその他の要求事項を順守する。
  • 環境教育などにより、全社員及び組織のために働く人に環境方針の周知徹底を図り、環境保全と環境保護の意識向上に努める。
  • この方針は、一般に公開する。